infantからtoddlerへ

2020.06.17 Wednesday 08:00
0

     

    当教室のインファントクラスに名前を付けるとしたら、

     

    『随意筋運動訓練所』

     

    となります。

     

     

     

     

    あまりにもっさりとした名前です。

     

    もっとお洒落な響き✨は無いのかと

    色々考えましたが、

     

    やっぱりこれが一番真理をついているかな、

    と思っています。

     

    だから、胸を張って

     

    『随意筋運動訓練所』

     

    です。

     

    訓練所というと

    教官が笛を吹いて、一斉行動や集団行動を

    イメージしますよね。あはははは。

     

    でもここまで私のblogをご覧くださった方々なら、

     

    モンテッソーリ教育の肝は全く真逆にあることは

    お分かり頂けますよね♪

     

    自己選択

    集中現象

    吸収精神

    内的衝動

     

    などの

     

    【特別な乳幼児期の発達の秘密】

     

    に信頼を置いて、

     

    教師はひっそりと働きかけるものなのだと

    ご理解いただけることと思います。

     

     

     

    そして、

    1月の開室➡コロナ禍での休室➡6月の再開室

     

    と、ど〜しても教室の実践にこだわったのは、

     

    現在通っている方々が

    インファントであることが多く、

     

    今やっておかなければならないことが

    たくさんあるからです。

     

    そして私達教師は今までの実践現場で

    一杯随意筋運動を謳歌したインファント達が

     

    その後のトドラー期でモンテッソーリ教育の開花を

    成し遂げた事をこの目で見て知っているからです。

     

    モンテッソーリ教育の3歳から6歳の

    アカデミックな展開無しで、

    この教育を語るのはとても残念だと思います。

     

    インファント期に必要な事を

    充分にやり切ったお子さんの

     

    トドラー期の著しい吸収や発達

    ずっと見守って来た私達教師陣は

     

    この教室で彼らの数年先の未来;

     

    そう、年中さん、年長さん、

    果ては小学生になった時の

    姿をイメージして

     

    現在、一生懸命に発達のお手伝いをしている訳です。

     

    全てがトドラー期への準備期間として。

     

    子ども達の3〜6歳までの発達の

    様々な事例を経験してきた私達は、

     

    当教室で今当に育ちあがって来ている

    インファント君達の

     

    教室での力強い発達を実際に観察して

    希望に満ちているわけです。

     

    トドラー期の

     

    感覚教育、

    言語教育、

    数教育、

    文化教育

     

    のどれが彼らの敏感なアンテナに

    ビンゴするのか本当に楽しみです。

     

    そんなトドラー期の授業が

    楽しみで楽しみで仕方ありません。

     

    ✨準備期間は大切にしなければなりませんね。

     

    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM