【新しいこと】より【同じこと】

2020.10.06 Tuesday 08:00
0

     

    現代は物資が有り余っています。

    おびただしい数の情報が

    飛び交い溺れそうです。

     

    そんな豊かな時代だからこそ、

    子育てをスタートさせたばかりの

    ご家庭では混乱や迷いが生じます。

     

    よく聞くのは、

    「我が子には

    様々なチャンスをあげたい。」

    という言葉です。

     

    かくいうモンテッソーリ教育も

    オルタナティブ教育の一つとして

    有名ですから、

     

    当に「様々なチャンス」の範疇に

    入るのでしょう。

     

    ただ、モンテッソーリ教育の

    一番大切なポイントに

    【繰り返し】があります。

     

    そう、子ども達が

    向き合うお仕事との関わりは

     

    自己選択➡集中現象➡正常化

     

    のライフサイクルですからね。

    この真ん中の【集中現象】には

    補足として【繰り返し】が寄り添います。

     

    そう、この【繰り返し】が集中現象と

    セットになって子ども達の心を安定させます。

     

    【聖ラファエラこどもの家】のレッスンでも、

    自己選択教師の導きで接点を持った

    お仕事を数個完了させると

     

    子ども達の顔つきが変わります。

     

    えっ?

    それは自分の教室の子ども達が

    可愛いからえこひいきなのではないかと?

     

    確かに子ども達は可愛いです。

     

    しかし、多分顔つきが変わるのは

    本当だと思いますよ。

    ひいき目なしに。

     

    一方、何だか時間中に心あらずで、

    あれこれ食い散らかすような

    お仕事の進め方をしている時は、

     

    子ども達は何だか

    イライラしているように感じます。

     

    これ本当なんですよ。

     

    その繰り返しができている時の

     

    子ども達の

     

    ☆真摯な態度

    ☆整理された思考力

    はとても大切な宝物だと思います。

     

    それ故、

    やはり大切な事は【繰り返し】

    なんですね。

     

     

    実は、私が一人の母親として

    モンテッソーリ園の父兄でいた頃、

     

    息子達が袋一杯に

    持って帰ってくるお仕事を

    とても誇らしく共に喜びました。

     

    それらは、人様から見れば単なる、

     

    ☆切刻まれた紙片だったり、

    ☆縫い目があちこち飛んだ縫いさしだったり、

    ☆何本にも切り分けられた糸くずだったり、

    ☆のりでベトベト、ガビガビになった糊貼り

     

    だったりします。

     

    しかし、あれもこれも、

    我が子が悪戦苦闘して

    完成させたものだと思うと

    愛おしくて愛おしくて

    たまりませんでした。

     

    長男次男合わせて

    段ボール一杯なんですが、

     

    実はまだ捨てられずに

    ロフトに置いてあります。

     

    小学生の頃に一度、

    「もう捨ててもいい?」

    と聞いたことがありますが、

     

    本人達は

    「だめ。」の一点張り。

     

    それから10数年経っても

    箱の中に納まっています☺

     

    それほど大切なお仕事の山です。

     

    ただ、当時は喜びながらも

    毎日毎日増え続ける同じ様な成果物に

    ちょっぴり欲が出る事もありました。

     

    モンテッソーリ幼稚園は

    たいていが異年齢集団ですから、

     

    母としては、

    少し上のお兄ちゃま、お姉ちゃまの

    お仕事を目にするわけですね。

     

    「あ〜すごい。うちの子はいつ頃

    あんなお仕事をするのかしら。」

    なんて思う訳ですね。

     

    それでも、毎日毎日同じ作品群を

    嬉しそうに持ち帰ってくる息子達。

     

    山にもなりますよね。

     

    しかし、今自分が

    教師となってみて

     

    この山の一つ一つに

    息子達の巧緻性感受性の洗練の証が

    詰まっていることを

    しっかりと理解できるようになりました。

     

    私達の教室の子ども達が、

    毎週毎週、自己選択するお仕事は

    ルーティン化します。

     

    ☆同じ様な順番で繰り返す子。

    ☆棚の端から端までのお仕事を

    制覇しようとする子。

    ☆困難性の高いお仕事に挑戦した後は、

    容易な手作業を繰り返してほっと安定する子。

     

    それらは子ども達が自分で作りあげた

    居心地のよいリズムなのですね。

     

    さて一方で、そのリズムは大人には

    見えずらいものです。

     

    私も教師になる前は

    確かに、

     

    「今日はどんな進歩をしたの?」

     

    と知りたくなったものです。

     

    大人の常識では、

    日々成長、成果を

    可視化したいですものね。

     

    【現状維持は後退なり】

    という格言もありますからね。

     

    しかし、幼児の繰り返し

    現状維持ではないのですよね。

    立派な自己構築なのです。

     

    ただ、その子ども達の発達の証

    容易に大人が見つけることが

    できないだけです。

     

    子ども達が、あるお仕事を

    やって、やって、やり込んでから

     

    「もうおしまい。」

     

    と自分で終わりを決めるまで、

     

    繰り返し繰り返し行うことで

    自己構築するのです。

     

    この幼児の心の中を

    邪魔しない大人になるために。

     

    とても大切なこと。

     

    それは、

     

    <新しいことより同じこと>

     

    だから待つことが大切なんですよね。

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    🔔入室をお待ちのご家庭には、

    その日まで、オンライン授業でご準備されては

    いかがでしょうか。

     

    💻【お母様のためのプライベートオンライン授業】

    を開催中です。(¥3,300/約一時間)

    E-mail:konokonoko7@gmail.comまで

    お申し込みくださいませ。 

     

    モンテッソーリ教育について、

    遠方で教室には通えない方🎵

     

    おうちでのモンテッソーリアプローチを

    お勉強されたい方🎵

     

    ご一緒に楽しい時間にいたしましょう🎶


     

    #モンテッソーリ

    #幼児教室

    #幼稚園

    #未就園

    #育児

    #親子教室

    #イデーモンテ

    #乳児

    #出産

    #子育て

    #体験

    #キャリア

    #知育

    #中央林間

    #田園都市線

    #集中力

    #敏感期

    #愛着

     

     

     

     

     

    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM