【幼児時代】のさらなるトドラー期へ

2020.10.16 Friday 08:00
0

     

    前回は、【赤ちゃん時代】から

    いよいよ【幼児時代】への

    移行のタイミングについて書きました。

     

    今回は、その【幼児時代】の中での、

    大きな変化についてお伝えいたします。

     

    【幼児時代】はその分類の方法も、

    たくさんあるでしょうが、

     

    ここでは、ある大きな分類方法で

    二つに分けて考えましょう。

     

    モンテッソーリ教育では、

     

    0〜3歳を【無意識的吸収期】

    3歳〜6歳【意識的吸収期】

     

    と分類します。

     

    勿論、個人差は当然ありますから、

    3歳のお誕生日にきっちりと

    【意識的吸収期】になるわけでは

    ありません。

     

    どこかで緩やかに段々と移行していきます。

     

    一般的に、日本では幼児期とは

    幼稚園生というイメージですから、

    その括りで当てはめると、

     

    年少さんはまだ

    【無意識的吸収期】

    【意識的吸収期】の間を

    行ったり来たりしている状態でしょうか。

     

     

    そして、年中さんにもなると

    もうしっかりと

    【意識的吸収期】に入っていると

    考えられることでしょう。

     

    ここでは、

    【意識的吸収期】

    入ったお子さんについて

    お伝えしますね。

     

    【意識的吸収期】とは文字のごとく、

    自分を取り巻く環境を

    意識的に吸収する時期ですね。

     

    0歳から3歳の

    【無意識的吸収期】

    取り込んだ印象や

    創造された機能が開花、

    発達する時期です。

     

    🔔特に知性と感覚が発達する

    重要な時期です。

     

    つまりインファント期の

    【秩序の敏感期】も内包しつつ、

     

    【社会性の敏感期】

    【感覚の敏感期】

    【道徳的な敏感期】を迎えます。

     

    よく、年中さんぐらいになると

    ご両親のうっかりミスなどに

    厳しい指摘をすることはありませんか?

     

    例えば、車の運転中に

    黄色信号の変わり目に

    交差点を通過したりすると、

     

    助手席の彼/彼女が

    「ママ、黄色は止まるのでしょう?」

    などと、厳しいつっこみが

    炸裂することがあります。

     

    大人が

    「今のは大丈夫、大丈夫。」と言い訳しても

    「だめなんだよ。黄色は行っちゃだめなんだよ!」

    なんて怒られたりします。

     

    また、お友達関係も変わります。

    少し仲間外れをし始めたり、され始めたり。

     

    または、

    「いーけないんだ!いけないんだ!♪」

    「せんせいに言うからね!」

    などと、他人の不正も糾弾します。

     

    一説には、描く絵が

    小さくなるのもこの頃だと言われています。

     

    周りと比べて、自分は上手いか下手かを

    気にするようになるからです。

     

    他人からの評価を気にするようになるのです。

     

    インファント期には、

    自分の30兩茲了に

    ただ精一杯だったのに、

     

    トドラー期は、

    もっと視野が広がり

    他者と自分、環境と自分の関係性に

    気づき始めます。

     

    また、モンテッソーリ教室でのお仕事も、

    今までは無意識的

    何でも取り込んでいたのが、

     

    もっと、

    意識的に、強い意志で、

    目的を持って行い始めます。

     

    加えて、自分のたった今行っている行動が

    どのような結果を招くのかも

    考えるようになります。

     

    年少さんぐらいまでは、

    先生のお手伝いを

    喜んでしていたのに、

     

    年長さんになると、

    お手伝いばかり参加していると

     

    お外遊びの時間が減ることに

    気づき(苦笑い)

     

    何でもかんでも引き受けるのは

    余り得策でないことを知り始めます。(苦笑い)

     

    このように同じ【幼稚園時代】でも

    大きな違いがあるのですよね。

     

    では、大人はどう対応すべきなのか。

     

    お子さん自身の性格やその状況によって、

    大人の対応も工夫しなければなりません。

     

    一つ一つの解決法は、

    その時々の反射神経で大人が

    反応しなければなりませんね。

     

    でも、インファント期から

    時にはお子さんを【観察】する目も必要だと

    理解されているお父様、お母様なら

    きっとその反応は花丸💮正解でしょう。

     

    特に大きなインファント期との違いは、

    【言語】で理解し合えるという事ですね。

     

    これは大きい変化です。

     

    常に、大人が真摯に誠実に

    ゆっくりとしっかりと善悪を伝えると、

    必ずその気持ちが伝わります。

     

    インファント期からずっと、

    言葉がけしていたご家庭なら

    きっと苦労なく

    移行することができるでしょう。

     

    楽しみですね。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    🔔入室をお待ちのご家庭には、

    その日まで、オンライン授業でご準備されては

    いかがでしょうか。

     

    💻【お母様のためのプライベートオンライン授業】

    を開催中です。(¥3,300/約一時間)

    E-mail:konokonoko7@gmail.comまで

    お申し込みくださいませ。 

     

    モンテッソーリ教育について、

    遠方で教室には通えない方🎵

     

    おうちでのモンテッソーリアプローチを

    お勉強されたい方🎵

     

    ご一緒に楽しい時間にいたしましょう🎶


     

    #モンテッソーリ

    #幼児教室

    #幼稚園

    #未就園

    #育児

    #親子教室

    #イデーモンテ

    #乳児

    #出産

    #子育て

    #体験

    #キャリア

    #知育

    #中央林間

    #田園都市線

    #集中力

    #敏感期

    #愛着

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM